こあべの雑記帳

財テク、ガジェット、ITのこと。「知識シェア」でみんなの「わかった!」に貢献したいブログです。

【iPhone×MacBookテザリング】最も効率のいい接続方法は?

 

こんにちは。こあべです。

最近、iPhoneMacBook Airテザリングで接続して運用しています。

そこでふと、

Macbookがスリープから復帰すると接続が切れてる…)

iPhoneのバッテリーの減りが速い…)

など「なんだかなー」という運用上の不満が生まれてきました。

 

そこで今回は、テザリング運用方法ごとのメリット・デメリットを再確認し、実際に私の使う運用環境に最適な方法はどれなのか…!

 

ほそぼそと実験、暴きだしていきます。

 

 

今回のメニュー!

 

 

テザリングとは?

iPhoneをネットワークに接続してくれる回線をMacbookにも分けてやる」ことでMacbookもネットワークに接続できるようにしてます。

support.apple.com

 

 

接続方法は3種類

Wifi接続(中速)

iPhone側の設定:

iPhoneのホーム画面から「設定」をタップし、「インターネット共有」を選択してます。インターネット共有の設定画面から「インターネット共有」をオン

【メリット】
手軽:Macbook上にWi-Fiネットワークとして表示される。パスワードを入力して接続完了。

【デメリット】
iPhoneのバッテリ消耗が大きい
Macbookのスリープ、起動時、通信が切断される

Chromebookの場合:途中の途切れは無し。常時接続されている。

 

Bluetooth接続(低速)

iPhone側の設定:
iPhoneテザリングをオンにし、iPhoneMacBluetooth接続することで、Macをインターネット接続する

【メリット】

消費電力:少
一度の設定、接続で安定する

【デメリット】

 

正直、BluetoothWifi両方ONにしているiPhoneの消費電力が見ものです。

iPhoneのテザリング(Bluetooth)でMacをインターネット接続する方法 | iPhone Wave

 

USB接続(最速)

iPhone側の設定:不要
USBケーブルで両端末を接続。
Macbookの「システム環境設定」→[ネットワーク]→「iPhone USB」を追加して接続
【メリット】

【デメリット】
有線で接続するためMacbookからiPhoneに給電される

給電されなければいいのに

 

【iPhone】テザリング(USB経由)でMacをインターネット接続する方法 | iPhone Wave

 

 

運用・実験環境

・iPhone7 (iOS14.4.2)/Ymobile 20GBプラン

MacBook Air (M1, 2020)

・Lightningケーブル(Lightning-USB-C)

これらを使用して、3種類あるテザリング方法をそれぞれ試してみ。

 

 

何を比較したいのか?

以下の要領で、3種類の接続方法を使い分ける際に必要な数字をとっていきます。

方法:1時間Webページを参照しながら記事を作成。

以下5項目を数値ベースで調査する。

1.両端末のバッテリー消費
2.通信速度
3.消費通信量
 ※Webページ閲覧のみ
4.自動接続
 ・再起動後
 ・スリープ後
5.実験中の所感

 

 

 

実験結果

Wifi接続

1.両端末のバッテリー消費【△:第2位】
 iPhone(-23%)
 Macbook(-4%)

2.通信速度【◎】
 作業に支障無し。

3.消費通信量【◯:20MB】

4.自動接続  
 ・再起動後:iPhone上で操作必要
 ・スリープ後:iPhone上で操作必要
 「ネットワーク共有のOFF→ONする」操作で再接続。

5.実験中の所感
 なし

 

 

Bluetooth接続

1.両端末のバッテリー消費【◎:第1位】
 iPhone(-11%)
 Macbook(-3%)
 両端末ともBluetoothWifi両方ONにしている割に好成績でした。

2.通信速度【◎】
 作業に支障無し。
 しっかりとページを表示してくれ、480pでの動画視聴にも耐えました。

3.消費通信量【△:40MB】

4.自動接続
 ・再起動後:iPhone上で操作必要
 ・スリープ後:iPhone上で操作必要
 「ネットワーク共有のOFF→ONする」操作で再接続。
 但し、継続して接続される場合もある。

5.実験中の所感
なし

 

 

USB接続

1.両端末のバッテリー消費【△】
 iPhone(+22%:30分で15%程度給電)
 Macbook(-11%)
 給電でMacbookのバッテリーが減る点、残念。
 自動的に開始されるため止める術は無さそうです。

2.通信速度【◎】
 体感で速度の速さを感じる。

3.消費通信量【◎:10MB】
 長時間使用しても消費する通信量は最も少ない

4.自動接続
 ・再起動後:初回✕iPhoneに表示される「コンピュータを信頼?」に
 「OK」を選択すると再接続。以後自動接続。
 ・スリープ後:初回✕Macbook上で操作必要

5.実験中の所感
 WifiOFFでも接続されるのが新鮮
 Wifi表示に「iPhone」は表示されない

 

まとめ

果たして意味があるのか心底不明な実験を終えました。

Bluetooth接続が消費電力少なく接続できることが判明したので、

こあべはこれから

・長時間の場合:Bluetooth

・短時間の場合:Wifi

で運用していこうと思います。

みなさまは…ぜひ据え置き型のルーターをお買い求めのうえ固定回線を契約ください。

我が家は訳あってテザリング運用していますが、一般家庭ではそもそもテザリングする意味が無い笑←

 

なにかのご縁でページにたどり着いてくれた皆様、ありがとうございました。

どなたかの参考になれば幸いです。

 

 

【参考】

意外と知らないiPhoneの「テザリング」使い分けテク|MacFan

iPhoneのテザリング(Bluetooth)でMacをインターネット接続する方法 | iPhone Wave