こあべの雑記帳

財テク、ガジェット、ITのこと。「知識シェア」でみんなの「わかった!」に貢献したいブログです。

【リボの森は魔物だらけ…】クレジットカードを調べてみた vol.3

どうも、こあべです。

 

最近私はキャッシュレスの源泉とも言えるクレジットカードが気になってまして、カードローンなんかにもその食指を広げていました。

 

今回は、

クレジットカード編ANNEXをお送りします()

 

バックナンバー。

 

koabe-cycle.hatenablog.com

 

koabe-cycle.hatenablog.com

 

 

今回は、カードローンの闇の部分を調べてみました。

 

すると、カードローン、リボ払い、「気軽に借りられるお金に手を出すな・・・」

昔から言われるこの文句、真実味を帯びてきました。

 

Vol.2に組み込みたかったのですが、リボ払い返済方式が沼のように深かったので別エントリーになってしまいました…

 

調べてみた感想: 

「こりゃすごいわからん。」

 

 

リボ払い、実際には取扱会社により採用している返済方法は異なりますが、知らないと間違いなく損をする。

そんな一般人を餌食にする返済の闇、体系的に理解していくならこういう順番がいいのかなと思ったのでメモ。

 

 

今回のメニュー。

 

 

 

1.理解すること①

返済方法を理解する上での第一段階。

返済額に利息含む?含まない?。


元金方式

毎月の返済額に利息を含まない

元利方式

毎月の返済額の中に利息を含む

 

 

2.理解すること②

第二段階。返済額、固定する?変額にする?

 

定額返済

固定の最低返済額を決める

定率返済

借入残高の一定割合(定率)をかけた金額を返済する。

 

 

3.応用編①

元利定額方式【(借入残高+利息)の固定金額】

元金返済分と利息返済分(返済定額)を合計した毎月返済額を、一定の金額(定額)に固定する返済方式。

◯毎月返済額が一定なので、家計の管理をしやすい

✕借入残高の多い返済初期は毎月返済額における利息返済分の割合が高くなる。

元金の返済がなかなか進まない分返済期間が長くなり利息分の返済が増える

 

元利定率方式【残高(利息を含む)✕定率】

毎月支払う金額を一定にするのではなく、借入れ残高の〇〇%(返済定率)を返済する割合固定式。

借入残高増減に応じて定率、金利が増減するため毎月返済額が変動する。

✕繰り上げ返済をしない限り返済が終わらず、返済期間が非常に長くなる(「元金定率方式」と同様)

※「元利定率方式」を採用しているカードローン会社は現在ほとんど存在しない

 

元金定率方式【残高✕定率+残高利息】

借入残高に一定の割合(定率)をかけた金額を元金返済分とし、そこに利息返済分を足した合計額をその月の返済額とする方式。

✕「元金定率方式」は、毎月の〆日における借入総額の一部しか返済しないため、どこかで繰り上げ返済をしない限り、理論上いつまで経っても返済が終わらないことになる。

✕返済期間は非常に長くなりやすいというデメリットがある。

 

元金定額方式【固定返済額+残高利息】

元金返済分が一定の金額(定額)に固定されており、そこに利息返済分を足した合計額が毎月返済額となる。

◯返済時点の借入残高が少ないほど利息返済分が減るため、返済が進むほど毎月返済額が少なくなる

◯「元利定額方式」より短期で返済が終了するのでトータルで発生する利息が少なく、返済総額を抑えることができる。

✕借入残高が多い返済初期は毎月返済額の負担が大きい

 

 

4.応用編②

残高スライド方式とは

「元利定額リボルビング方式」や「元金定額リボルビング方式」の「定額」の部分が、

借入残高によって段階的に増減(スライド)する方式

カードローン独特の支払い方法

 

残高スライド元利定額リボルビング方式

「残高スライド元利定額リボルビング方式」は、返済が進んで借入残高が減るにつれ、毎月返済額も減少して負担が少なくなるのがメリットだ。しかし毎月返済額が減る分、返済期間が伸び、トータルで支払う利息の総額が増えやすい。

 

残高スライド元金定額リボルビング方式

「残高スライド元利定額リボルビング方式」の「元利定額」の部分を「元金定額」にした返済方式で、毎月の元金返済分が借入残高によって段階的に増減する。

現在、この返済方法を採用しているカードローン会社はほとんどない。

 

 

5.応用編③

借入時残高スライド方式とは

最終借入時点における借入残高を基準に返済額を増減(スライド)させるのが「借入時残高スライド方式」だ。

※「残高スライド方式」が毎月〆日の借入残高を基準に返済額を増減(スライド)させる

 

借入時残高スライド元金定額リボルビング方式

最終借入時点の借入残高によって元金返済分を決め、そこに利息分を足して毎月返済額とする方式。現在、この返済方式を採用しているカードローンはほとんどない。

この返済方法は消費者金融でも採用されている。

カードローン提供者、消費者金融業者によって返済方法は異なるので、仕組みを理解したうえで前もっての確認が必要

 

 

たとえばこんなカードローン…

各社が取り扱うカードローンによって返済方法は異なるようです。

これは2019年暮れの一例…

 

イオン銀行カードローン:残高スライド方式

りそなプレミアムカードローン:残高スライド方式

楽天銀行 スーパーローン:残高スライドリボルビング返済方式、元利込定額返済

アコムカードローン:定率リボルビング方式

三井住友カード ゴールドローン:毎月元金定額返済

※住宅ローンの場合、公的な運営がされているため、元利均等方式、元金均等方式などの異なる返済方法が選択可能。

 

 

結論

返済に正解なんてないんや…(絶望)

 

カードローン組まないのが最善ですね。

今回お世話になった記事はこちら。

引き続き勉強…!!

diamond.jp