こあべの雑記帳

財テク、ガジェット、ITのこと。「知識シェア」でみんなの「わかった!」に貢献したいブログです。

【Mac標準メール】Macでメール送信不具合?調査対処してみた

友人から「Macでメールが送れなくなったんだが」と相談を受けました。

以前は

 

・ネットワーク自動検出・接続

・メール送受信不可

 

と所々がスネちゃった個体です。

 

今度はどんな症状かな~と期待半分、恐怖半分で臨場!!

 

こんな内容を確認してみた次第。

環境

・MacBookPro 2017 13-inch

MacOSSierra 10.12.6

・障害発生ソフト:Mac標準メールソフト v10.3 (3273)

 ※同ソフトにはGmailiCloud独自ドメインメールが紐づけ

 

 

症状

メールを作成して送信ボタンを押すと送信中フォルダに入ってしまい、送信できない。

送信元としていずれのアカウントを使用しても同様。

 

 

今の状態に至るまで

お話を伺うと…

・11月中旬頃から送信できなくなった。(受信可)

・本体の再起動、ネットワーク変更をしても状況は変わらない。

・2019-005 < やぁ

 

Macセキュリティアップデート2019-005が11/15にインストール済み…?

f:id:koabe_cycle:20191204224515j:plain

↑…原因は2019-005、お前か??

 

 

対処時の参考情報

ありがち〜なOSアップデート後の不具合に人柱感を感じながらこんな内容をチェック。

 

itojisan.xyz

 

MacOSをアップデート後、メールアプリで送受信ができなくなりました

www.petit.cc

 

SSL/TLS証明書「なし」を選択

アカウント設定を自動的に検出して管理 → オフ

セキュリティ保護されていない認証を許可 → オン

 

今回の不具合、ページにある操作では改善しませんでした。

 

 

今後の対応

こうなったらいっそ…!と思った人がする行動をトレースしていく。

 

すべての紐づけを外して登録しなおしてみようか

asahi-net.jp

 

とか、

 

いっそ標準メールやめて、ブラウザベースのGmail独自ドメイン設定を入れようか

www.infact1.co.jp

 

というのを検討中。

 

こんな情報って最近Googleさんの検索上位に出てこなくて悲しい…

プロフェッショナルさんたちが記すブログの情報が最強だと思う今日このごろ。

 

 

〜続く〜